制作に追われるという充足感

粽で一服

4月の個展に向けてほぼ冬の間は制作に没頭している

至福の季節でもある 雪かきと焼物作り その繰り返しの中で日々が過ぎる 個展が終わるとドップラー効果のようにそれまでの記憶が遠のいてゆく・・・ 何を作ろうとしていたのかさえ 思い出せない 制作ノートもどこかよそよそしい 展示会のあとの空白感がまたいい 体も心も実寸で捉えられる やはり制作中は何かどこかに意識も拡張しているのかもしれない 山の中の猟師が獲物をイメージしているような捕獲モードが適度な緊張感にいざなう・・・・ 実は自分から一番遠いところにいたのかもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です