「思記」カテゴリーアーカイブ

気が付けば 年の暮れ

忙しくて・・・と言いながら何が忙しかったのかと
少し脳圧をかけて考えねば、答えが出てこぬ始末。
身長も15ミリほど低くなったし、血圧も高くなってきた。
全体に老化現象が顕在化している  ・・・けど そんなに悪い感じはしていない。やはり、いま起きていることに対してどう対応すればいいのか・・・を考えるのを面白がっている。厄介度指数が高いほど面白いというものだ。

様々な問題が現れては消えて、それが常態化すると不安や問題を家畜のように飼っているような感覚になってきた。不安が卵を産んだり、問題から乳を絞り出すようなものだ。
この感覚は、若いころにはなかった。一つ一つ解決する快感はあったかもしれないが、放っておいて、勝手に解決(生育)するのを蟻の行列を見るように眺めている心境。年を取るというのは、満更悪くない。これからは、須らくこの手で行こう。

矛盾の木の実。矛盾の放牧。


アニミズムについて

アニミズムの概念については、少し補足が必要かもしれない。
ネットで調べればある程度のことは、調べも付くけれど、また一般論で語られると、的を得ないところも多いのではないだろうか。
先般、炎芸術紙上で香雪美術館の梶山さんに僕の仕事の紹介記事を丁寧に書いて頂いたのですが、一点だけ訂正をしてほしいところがあった。それが、アニミズム(精霊信仰)というところだった。
一般的にはそれでもいいのかもしれないけれど、僕の感じているアニミズムとは、だいぶん違う・・・が、他に適当な言葉がないので便宜上そう使っているという、なんともな現実がある。
最近SNS上でこんな文章を拾った。

アニミズムとは、人間にのみ閉じていないで世界の外に人間を拡張する思想。ただそれは、人間の知性を単に拡張した動物のみの保護を唱えるような思想なのではなく、一切は衆生であり悉有が仏性だと説く禅思想に近い。
(内藤寛さんアニミズム談義)

タイラーが「アニミズム」を論じた本は”Primitive Culture”、日本では『原始文化』と訳される。しかし、岩田慶治や今西錦司が考えていたのは”primitive”(原始的)な何かではなく、”primordial”(始原的)なものだ。原始的なものは進化する。しかし、始原的なものは、普遍的な何ものかである。
(若松英輔)
どちらも精霊信仰といった旧来のアニミズム觀とは大変な隔たりがある。

そもそもアニミズムという言葉に出会ったのは、結構遅くて1990年あたりだったか、比較人類学者の岩田慶治さんに出会ってからだ。たまたま購読していた国立民族博物館の月刊誌に岩田さんのインタビュー記事があって、彼の描く世界像が探し求めていた土方巽の描いた舞踏的なる世界にピタリと重なったからであった。・・・・・こう書いたからといって生前二人とも、その世界を明快に言語化されたわけではない。ある種明快にすることを回避していたようにもまた見受けられる。
土方さんは、アニミズムという言葉すら記憶する中では、一度も使っていない。
岩田さんは、草木虫魚教とも森羅万象教とも云えるような世界だがそこを言い尽くす言葉に出会っていないともいう。

・・・・・・・・・・・
土方巽は、舞踏譜で踊りを作り上げるそのモチーフに、森羅万象対象にし用いた。それに、人の五感とそこを取り囲む空間とそのテクスチャーを織り込んで舞踏譜を作り上げた。日常の出来事を解像度を上げて見て、感じて顕れるものを克明に描写したところに、土方舞踏の根幹がある。

続く




制作に追われるという充足感

粽で一服

4月の個展に向けてほぼ冬の間は制作に没頭している

至福の季節でもある 雪かきと焼物作り その繰り返しの中で日々が過ぎる 個展が終わるとドップラー効果のようにそれまでの記憶が遠のいてゆく・・・ 何を作ろうとしていたのかさえ 思い出せない 制作ノートもどこかよそよそしい 展示会のあとの空白感がまたいい 体も心も実寸で捉えられる やはり制作中は何かどこかに意識も拡張しているのかもしれない 山の中の猟師が獲物をイメージしているような捕獲モードが適度な緊張感にいざなう・・・・ 実は自分から一番遠いところにいたのかもしれない

時には何も思いつかないけれど何か書いてみようと思った

あまり絵を買うという習慣はないけれど かわいい絵を買った
京都の若い作家さんで以前から知っていて 素敵なものを作られていると思っていた 大きさは名刺ぐらい 描かれているのは 丹頂という種類の金魚・・・ 紙をちぎって貼っている 額装もご自分でつくられているらしい 作者を髣髴とさせるような可愛らしさがある といっても会ったことは無い  この金魚のシリーズは定番で作っているらしくて色々バリエーションがある 作るということは怖いことでその中に作り手のすべてが反映されてしまう 隠しようのないものだ ・・・かわいいと感じるのであるからきっと作者の内面もかわいい人なのだろうと 勝手に想像している 実は人にプレゼントするために求めたのだがはたして気に入ってくれるかどうか 一抹の不安はあったが取り越し苦労だった 取り出して見た途端に 歓喜の声が上がった

赤の色には 魔除けの意味があるらしく そこがまた良かった
おそらくお店の壁に掛かることもありそうだから 厄介な客が現れた時には追い払ってくれることもあるかもしれない 客商売とは兎角思いかけないことに遭遇するものだ 誤解もあればやっかみもある 誠実な仕事をしていてもそうであるから せめて日頃は 無駄口は慎んでおくに越したことは無い 悪意はなくとも言葉の切れ端を摘まんで有りもしない文脈にしたてあげられることもある そんなことばかりを気にしていては生きてゆけないからまあ程々でいいのだが時には縁起担ぎ 神頼みも悪くない

この絵の作者の仕事にはどこか そんなところがある 絵画ともいえるが工芸とも呼べるような慎ましさだろうか 京都という土地柄で育ったせいか これ見よがしの表現に行かず見る側使う側に立った奥行きを備えているような気がする 
本来日本の絵画とはそのようなものだったはずだ・・・日々の営みと表裏一体になって成就してゆくものが作ることの背後にあり作り手の成長ということもその中にあった 直観としての理解と時間軸の中での理解 それと身体性を伴う理解が綯われて作品が生まれてくる