土づくり

 ★土づくり3点セット。
  石臼、杵、篩(20メッシュ)

 ★土をどの程度の粒子にするか、ではなくて混
  ざっている小石の粒子を調整する作業。小石
  というより砂粒程度になる。この判断基準は
  (古陶片などで)高台周辺の削り跡から推測する。

 ★残った小石は、捨てずに残しておく。作りたい
  ものによって再度加えることもある。

     ★★石臼は知人から頂いた、杵は電柱で作った、
 篩ももちろん。「焼き物の道具はね、大体自分で
作れるよ。」瀧口先生に言われたことではあるが、ローレンツの刷り込みのようなものか、単なる貧乏
性か「買う」という発想のまえに「作る」がくる。

 

 

 ★土岐市から可児市大萱に向かって五斗蒔街道    
        が走っている。その街道の両脇に志野・織部
        を焼いた古窯址が多数散在する .多彩な粘
         土がある。 
 ★この土は、酸化ではベージュがかった色に上
         がる。砂気が多い。単味ではロクロが挽きず
  らいが、これがいわゆる(もぐさ)と形容され
  る土に(練り上げると)見た目が一番?近い。
  ポソポソした感じ。

 

 

 

 

 ★これは木節粘土。たぶん多治見あたりの物。    
        小石はないがそのかわりに炭化した木片 
         (メタセコイヤだったか)が混在している。  
     ★上の五斗蒔粘土に合わせて使う。作るもの    
          によって合わせる比率が変わる。粒子が  
          細かく磁器みたい。粘りが強いのでもぐさ
  土に混ぜる。ロクロ挽きを安易にし焼き
  締まりを良くしてくれる。

 

 

 

 

 

★この2種が僕の織部の基本になる土です。安定して手に入れることが出きることと、微妙な調整が  
    できるのがいい。とはいっても山のつちである、仕入れる度に違うのは想定内である。30年来の
 付き合いのここの主人から整土[製土]の仕方や土の性格を教えてもらった。

★この他にも原土を出来る限り手に入れている。それらは、酒のみや茶碗・花入れなどで使うこ とが  
    多い。大分以前のこと、別の製土工場の方に「原土を分けてくれ・・・」と頼んで叱られたこと
 がある。いわく「米作りの農家に、田の土をよこせ・・・というのと同じだよ。」という事であった
 が番外地で製作する僕の事情も察してくれたのか、ほどなくして譲っていただいた。とって置きの
 土というのもあり分けて頂いた.

 

 11/6 追記
    今回の五斗蒔の白土。前回が少し鉄分が
    入り込んで いたので、今回はそのあたり
    を配慮して譲ってもらった。

 

 

 

 

 

★瀬戸市まで足を延ばして蛙目粘土の原土を買うつもりだったが、閉山していた。
他所を当たったがそこも扱わなくなっていたが、思いがけなく
磁器土を大量に無料でもらう事が出来た。
 磁器土というがよく判らない、半磁器程度とみたほうがいいみたいだ。
大平の窯跡からは、美濃染付と呼ばれる
半磁器に山ゴスで絵付けされた器が発掘される。
ちょっと、そんな物も作ってみたくなった。