織部の型と意匠

【織部の型と意匠】

いま200種ぐらいの平向付の型がある。多ければいいというわけではないがもっと作りたい。

たとえば、このなかの一つで土型を作る。織部の平向付の型である。・・・平向付を作ってみる。

 

 
 
 1IMG_1165s 粘土で型を作る
   2   ロクロで鉢を挽く        

               3 型にかぶせる                                          

  image007                     4                                                                                                                                           天地を返して型を抜く
 5 こんな感じ

         

                    6 翌日、外側を手取り良く削り

                                  足を3個から、形によっては4個つける。

                                   3日目絵付け。

 

  ❈型は石膏や木でもつくれるが、粘土がいい。あとからの調整もし易いし、やわらかい
 線や面が得 られるからである。
❈手取り良 く削 る・・・ここが大切。重さも、どの程度がいいか考えてみよう。軽すぎず
重く感じず、心地よい重さを探す。それを、焼き上げた物から逆算して決める。
※ 日本の器だけ?が、なぜ手に取ることを想定してつくられたのか ・・・食物 への畏敬の念から
 なのかなと推測する。が確信はない。

※・・・・・・・・・・どこかの料亭さんから(200客の寄せ向付)なんて依頼があると嬉しい・・・・・・・・・・
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です