「おしらせ」カテゴリーアーカイブ

8/5「美の壺」にちょっとだけ顔を出します

 

 

 

 

美の壺
File 563 桃山の革命 織部焼

【放送日】
◆NHK BSプレミアム・BS4K

本放送 :2022年8月5日(金)午後7:30〜7:59[BSプレミアム・BS4K]

再放送 :2022年8月13日(土)午前6:45〜7:14[BSプレミアム・BS4K]
再々放送:2022年8月18日(木)午後11:00〜11:29[BS4K]
再々放送:2022年8月19日(金)午後0:30〜0:59[BSプレミアム]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本国内で土型を使った器作りがいつから始まったのか、まだ調べてはいない。織部焼の向付の特徴ともいえるその技法を使った平向付にはおそらく300種ほど(僕が採集した形は230種類弱でいまだに新しい形に出会うことがある)の意匠が展開されているのではないかと考えている。
今回は、平向付について取材された。560個の大小の土型の内250点余が平向付で、他に小向付、水指、型打ちの皿 、筒向付、花入れなどがある。型を使うことが今では量産のための手法と思われるがそれは、形のバリエーションを生むための手段であることを理解して欲しい。
また、「形」は言葉を介さない意味伝達の手段であり、伝統的イメージの宝庫でもあることに重要な意味がある。

焼物を始めた頃に、不思議に思ったのが織部の向付の種類の豊富さだった。その答えを導くカギとなったのが粟津潔さん(造形思考ノート)が家紋について書き下ろした文章の中の「原理があって、多くのバリエーションを生む」という文章だった。翻って考えてみれば、織部の変化に富んだ意匠を繰り出したのは、他ならぬ京都の意匠家たちであれば合点がゆくというものだ。とはいってもその原理(家紋を描く方法)とやらに則て実際に土型を作り始めたのは、気付いてから10年程経っていたかもしれない。
「原理」思いついたデザインをその原理(製図法)の篩にかけることで、無限の形に統一感を生む。
これは、沓茶碗にも当てはまるのではないかと考えている。
更には和歌の定型詩としての在り方にも通底していると思う。

利休が長次郎を指導しながら作った茶碗は、茶室を構築する神経と同じような計算(人間工学的な)しつくした美しさを求めたのではないかと考える。ことに沓茶碗は、この内的必然性を抜きに成立しない、踊りの振り付けのようなものを僕は感じている。
次に大切なのは、「型」と「即興」の妙とでも云えるところだ・・・。この二つが未分の所にポジションを置くことが出来ればいいなとおもっている。 

・・・などと理屈を捏ねても 器の良さを決めるのはそんなところには無いのかもしれない。計算し尽くした気まぐれな何かと・・・思って間違いない。

4/8~4/12 しぶや黒田陶苑個展 終了いたしました

一年が経つのが早い気もするが ゆっくり時が過ぎている あるいは止まっているような気がしないでもない

今回の個展では茶碗と陶仏がメインとなります
茶碗もベーシックな靴型の茶碗を集中して作ってみました

世界的な伝染病と世界的な戦争(そう言ってよいかどうかわからないが) ともあれ8日9日10日と上京して店に居ります



 

 

 

 

志野茶碗 昨年後半は集中的に沓茶碗を作っていた
黒織部と志野と黄瀬戸とに振り分けて焼いた

 






 

 

 

 

後記)
何と言ったらいいのだろう…このご時世で人の心ここにあらずなのかな~ こんな思いが湧いたのは初めてのこと    
・・・手ごたえが薄い

自分のモチベーションも何か具体的なものをつかみ損ねているような心もとないものがあるのかもしれない 実際この投稿もなんだか中途半端なままで済ましてしまっている(笑)

 

6/29~7/10越後高田のぎゃらりー祥さんで織部展終了

【口上】
かつての織部焼には時々動物の姿が現れます 栗鼠 梟 百足 兎 猫 蟹 獅子 犬 水鳥 魚 蛙 猿 鮭牛 鶏 海老・・・狛犬
侘び寂びの焼物に「かわいい」が加味されたのかもしれないですね 異素材の工芸や異国の文化をまるで和歌のように引用したり 歪んでいても下手だって、傷だっていいじゃないか・・・という発想もどこか村田珠光の「和漢の境を紛らかす」という姿勢に繋がってみえる・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戸隠の家から一時間半ほどでギャラリーに行ける
その途中には妙高赤倉の温泉地があり、疲れを取りにあるいは気分転換によく出かける お酒も美味しいところだ 魚も美味しい
高田には「世界館」という日本最古に近い映画館があってあまりメジャーじゃないが良い映画をいつも上映している 映画が特別好きというわけではないが今日も(6/16)【天井桟敷のひとびと】を観てきた 高田から少し行くと直江津で日本海に出る 海なし県の長野県人にはホームビーチのようなところで、泳ぎはしないまでも浜の散歩や海を眺めに来た 戸隠の奥社入口の大きな石灯篭は高田の戸隠講からの寄進…歴史的にも非常に結びつきの深い同地なのである

何点かの作品解説をいたしましょう

先日永平寺のお堂の写真をぼんやり見ていたら
ご本尊をお守りする木彫の狛犬が据えられていることに気付いた
石作りの狛犬は実は比較的新しく江戸時代あたりからのようだ
平安あたりから格式高い金属・木彫それから鎌倉時代あたりから一般庶民の向けに陶器の物も作られていたようだ

暮らしているところが歴史のある神社が立ち並ぶ戸隠であるから
狛犬とは親しい 宝光社の狛犬は時々このブログにも登場願っている 神社の参拝前にひとしきり狛犬の周りをしげしげと観てゆくのが常の事…多分そんなことをみんなしているのではないだろうか その理由はその何とも言えぬ愛くるしさなのか

事程左様に日本全国津々浦々に数多存在する狛犬は悉く姿形が違ってまた趣向を凝らしている この一つたりとも同じものが無いというあたりは織部焼に代表される焼物にも言えることでそれは何故なのかと・・・ずっと思っていたものだが戦後になったあたりから狛犬の定型化が始まる
 まあとりあえず焼き物の解説と参りましょう
何時か狛犬を作ってみようとずっと思っていたところで 機が熟したのか 今回高さ12㎝ぐらいの小品から作り始めてみた 次に15.6㎝
20数センチと・・

室内に置くのであれば燭台にしてもいいのかもと制作途中から燭台にと姿を変えた

 

 

土地柄野辺に佇む石仏を目にすることが多い
皆優し気で愛くるしい 
死者を弔う目的とばかりとは言い難い 生者を見守る眼差しが見るものに向けられてもいるかのようだ
如意輪観音さまは女性の墓石に浮彫されている 頬杖を突いた姿は物憂く何を想っているのだろうか・・・とか問いかけてみたくなる

道祖神も道辻を見守っているが、お地蔵様も見かけることが多い
小さな子供の霊を鎮めているのだろうけれど・・・

 

日常の中に死者との交流の通路があることはいいことだと思う


 

 


齢も60半ばを越えてくると恩人・肉親・友人を幾人も見送ってきたけれど 死者はそれ程遠くに行ってしまったという感じはない
返ってより身近な存在となったと感じることがある

20代半ばに読んだ「ユング自伝」の 「思い出されることに拠ってのみ死者は報われる」報われる→喜びを得る という下りに成程と納得した 

古染付写し牛頭盃
これは古染付から・・・
あの江戸初期の日本からの発注に見事に答えた景徳鎮の陶工たちに脱帽する 作り手の意識は物にすぐに反映するから 伸びやかな解釈と物怖じのない造形は桃山の作り手を凌駕しているのかもしれない
元ネタはトルコあたり 紀元前4,5世紀のリュトン(角盃)にある 羊あるいは山羊の角を用いたカップの形を金属で模して羊の頭部を付けたものがある

昨年 牛頭天王を作っていたので牛の頭部を何かに使えないかと思っていたところ 古染付にこのリュトンがあった

ここ数年小振りの茶碗を作ることが多い
ほぼ毎日お茶を点てて楽しんでいるので次第に使う器の好みも選別されて 大ぶりな物よりも径10.5㎝前後でしっかりと焼けているもので程よい重さ320g前後の器を使うことが多くなった
手び練りで作ったものがやはり面白味と工夫のし甲斐もある

これは小振りの黄瀬戸茶碗
普通の茶筅でもお茶が点たないわけではないが小服茶碗用の小さな茶筅を使うことが多い

何度でもお茶を点てたくなる そのたびに茶碗を手の中で弄ぶ楽しみがある 粋という言葉があるけれど このさりげないサイズが「粋」に近いような気がしている

 

 

 

 

長さ40㎝ぐらいの掛花入れ
細い横筋を緩急をつけて弥七田織部にした 何かと注文を付けるのが好きな家人も活け易さと見栄えからか これは使えるよ・・・と太鼓判を押す
花器は他にもいろいろあるのだが 好みとはよく言ったものである 本当の理由は僕にも分からない 
写真は撮ってないが 切支丹灯篭の竿のところに彫られているキリスト像と文字文様を彫り込んだ緑釉で同じ手の物もある

どちらも
織部黒筒茶碗
引出黒で2度目の焼成の物 登り窯で焼くこともあって一度で上手くいい感じに焼きあがるわけではない だから時には二度三度と焼き重ねて イイカンジになったものを個展に出すことも多い
窯から引き出すタイミングや表情の面白さなど一碗に込められた想いは摩訶不思議なものがある

また 一度でよく焼き上がっているだけでは物足らないことも少なくない 釉薬は二度三度と焼き重ねらることで落ち着くことが多い 釉薬の成分が結晶化し易いという事がその要因らしい 今回のこの二点も釉薬が程よく艶消しのところもあり、馴染んだ・・・ように思う 

志野鉢
銅鑼鉢?胴紐を付けてあって木桶を模したものだから
志野平桶ぐらいの言い方がいいのだろうか
登り窯の焼成室で、薪の炎を常に被っている場所で温度が1300度前後に置いた 志野は長時間焼成で還元というのが決まり文句になっているが確かに国宝の「卯の花垣」などの穴窯(大窯)で焼かれたものはそうであるが 登り窯が稼働するようになってからも志野は焼かれており短時間酸化の志野も評価?は低いかもしれないが存在する 
どうも目くじらたてて 良い所どりばかりに走るのは好きではないし オリジナル信仰も好きではない 様々な焼き上がりの物があっていいし それを愉しむのが歌心というものだろう
これは径30㎝ほど

 

織部窯変瓶子
この瓶子の形は漆器の瓶子と同じ? どちらが先なのか判断が浅学にして分からない 下部が細いところなどは木工の轆轤の造形の気配がする・・・肩から下を天地反対で轆轤挽き 翌日天地を変えて上部を挽く

これも2度目の焼成 一度目は肩のあたりの温度が足らずに黒色化していた 
腰から下が灰を被って白濁化し青みを帯びて美しい

・・・つづく