夜の間 静かに雪が降っているときには 翌日いそいそと面白い物見たさに  雪の原に出かけてみたりする 枯れ草や枝や 枯れた何かの実の上に 雪がふわりと被っている ただそれだけのことではあるが 不思議に幼心に触れてくるものがある 白さと軽さと儚さと その一瞬の形が人の言葉以前の想いを 宿しているのかと ・・・嬉しくなるのである 日頃の運動不足を解消すべく スノーシューを履いての2時間程度の散歩は 楽しいものである ウサギやキツネ 時にはイノシシあるいは鹿 リスや鳥ということもある 雪の上に残された足跡には 心躍る ・・・なぜなんだろう?  捕まえて食べようなんて思ってもいないのに
ウバユリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です