陶片? 

陶片(江戸初期辺り)に足を付けて小向にした
確かに 焼物の欠片であるから 陶片に違いはない さりとてそれを物として見た場合には 何ら不都合のない器であることであるか 手のひらの半分に満たない不定形のものではあるが 十分に用を充たす器と想う 物の有つ力とはこのようなものである つまり欠片となってもその美しさの質を失わないもの・・・  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です