個展 ギャラリー祥(上越市) 9/16~9/23終了

織部さまざま ・・・ 織部はまさに様々な手法・文様によって編み出された 展開性に主眼をおいた陶器といえる 

無限の展開と変化 その為に何が必要であるかをよく心得ている

和歌 染織 意匠など・・・・・ といった既存の文化に底流する方法論といったものが焼物の世界に写し取られたとき 織部は生まれたと考えられる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上越展にお越しいただいた皆様 
誠にありがとうございました
今回は 小さいけれども素敵な私設美術館「樹下美術館」さんをお尋ねした折に 小さな見たことのある写真が目に入りました
濱谷浩の「鳥追い」というこの地方で小正月に行われる子供たちの行事を撮ったものでした とても好きな写真家になりました
一点添付しておきます

雪国(冬の高田)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です